原曲のタイトルは「フライ・ミー・トゥー・ザムーン」じゃなかった?偉大なシンガーたちが愛した曲

今もなお愛される洋楽

記念すべき1ページ目のブログテーマを考えていたとき、ふとニューヨークでお世話になった音楽理論の先生のお話を思い出し、懐かしい気持ちやこの曲に惹かれたわけをここに綴ろうと思いました。

この曲が作られたのは1954年

「In Other Words」(言いかえて)

というタイトルで収録され、誰もが知っているフランク・シナトラの「Fly Me To The Moon」のような、冒頭サビから始まるアレンジではありませんでした。

Verse(ヴァース)※日本でいうAメロ、から始まりここには本文の前説がわかりやすく綴られています。

私はスタンダードジャズにはあまり熱くならないタイプなのですが、この詩を読み解いてからはとても愛しい一曲となりました。

Kinuoto 的要約

音楽家が愛する人のために歌を作ったけど、歌詞はまわりくどくて伝わらないから ( In other words ) ほかの言葉にいいかえながら歌うね。“月へ連れていって。星に囲まれ歌いたい” っていうのはつまり “手を握ってキスしてほしい” ってこと。そして “あなたは私の待ち望んだ敬愛すべき人” っていうのはつまり“あなたを愛してる”ってことだよ
Fly Me To The Moon
(作者 バート・ハワード)


Poets often use many words to say a simple thing
詩人たちはいつも単純なことを回りくどく言うんだ


It takes thought and time and rhyme to make a poem sing
詩を歌うには想像力や時間、押韻が必要だ


With music and words I've been playing for you I've written a song
僕の音楽と言葉で、君のために歌を作ったよ


To make sure you know what I'm saying
僕が何を伝えたいのかちゃんと理解してほしいから


I'll translate as I go along
わかりやすく言い換えながら歌うよ


Fly me to the moon
私を月へ連れてって

And let me play among the stars
そして星たちに囲まれながらプレイしたいんだ


Let me see what spring is like
どんな春がくるのか見せてほしい

On Jupiter and Mars
木星や火星には


In other words, hold my hand
つまり私の手を握ってということ

In other words, darlin' kiss me
つまりやさしくキスしてという意味だよ


Fill my heart with song
私の心を歌で満たしてほしい

And let me sing forevermore
いつまでも永遠に歌わせてほしい


You are all I long for
あなたは私がずっと待ち望んでいた

All I worship and adore
敬愛すべき人


In other words
つまり何が言いたいかっていうとね

Please be true
どうか誠実でいてねっていうこと

In other words, I love you..
つまり、あなたを愛してるって意味だよ