Profile

MUKUボイトレの考え方「歌はスポーツ」

歌を上手に歌うためには、身体の仕組みを理解し筋肉をコントロールしなければいけません。

力任せに発声するのではなく、力の抜きどころと入れるべきことろのバランスが良くなれば誰でも綺麗な声をだすことができます。

どんなスポーツも同じです。

歌いだすと普段の声よりもいい声になる人がいますよね。

教わらずにいい声が出せる人と、残念ながらそうでない人がいます。

でも当然なんです。

「習ってないから」

人間の声帯は神の奇跡といわれるほど、繊細で優れた機能を持っています。

そして人は誰にも教わらずに叫んだり歌ったりできますが、完璧にその機能を使いこなすには大変な努力が必要です。

そもそも難しいことをやっているのだから個人差があるのは当然です。

だからもう自分の歌声に一人で悩まないで下さい。

だれでも習えば上手になります。

よく「歌は才能」と言いますがそんなことはありません。

才能だけで努力を怠った天才が声を失うケースは少なくないです。

強いて言えば必要なのは「努力する才能」でしょうか。

発声の基礎をしっかり学んで自分の思うがままに気持ちよく歌えるようになりましょう。

そして皆さんの人生が輝きますように。

Profile 向野まい Mai Mukuno

 福岡出身

母はピアノ講師。祖母は詩吟の教室や謡(うたい)の師範代だったこともあって日常に音楽があり、深く触れ合いながら育ちました。

大学で建築学を学び、大手ハウスメーカーに就職。将来安定主義でしたが、2011年の東日本大震災をきっかけに、悔いのない人生を求めるようになりました。そして本当に自分のやりたいことは何か模索し、小さい頃から夢だったパティシエになるため上京。

しかし、キラキラして見えたパティシエの世界の現実はとても厳しく半年で挫折。

再び目標を失いながらも、新たな人との出会いや環境に導かれ音楽の道へ。

母の影響で洋楽好きだったのが高じて、洋楽専門ボイストレーナーに転職しました。

英語の発音の壁を克服するため3度アメリカへ渡り、

現役ブロードウェイシンガーなどの超一流の講師陣が所属するUniversal Groove Entertainment でハイレベルな講義を受けました。

その実際の経験をもとに数多くの生徒さんにレッスンさせて頂いております。

そして、”難しい”と嫌煙されがちな洋楽の素晴らしさを日本の皆さんに楽しみながらお伝えし続けたいと思っています。